出水中学校長のあいさつ 

平成30年度 新年度のあいさつ



 本年2年目となりました。生徒のため、学校のため、精一杯がんばります。今年度もどうぞよろしくお願いします。

 熊本市立出水中学校は、昭和22年に新制中学校として開校し、本年創立71年という歴史と伝統のある学校です。校訓は、「純朴の資質」「好学の美風」「遠大の理想」、学校教育目標は「校訓が息づく生徒の育成」とこれまでの伝統を引き継ぎ、徳育・知育・体育のバランスのある教育を進めてまいります。

さて、保護者及び地域の皆様には、日頃より学校の教育活動にご理解・ご協力を賜り、感謝申し上げます。4月10日の入学式では、282人の新入生を迎え、生徒数886人27学級(含特別支援学級4学級)でスタートしました。(昨年度は生徒数916人、27学級)

生徒たちは、学習や行事、部活動に、一生懸命努力する姿があります。今後も、生徒の生き生きした活動のできる教育環境を整え、思いやりや感謝の心を育てるとともに、夢と希望をもち、自ら実践できる「生きる力」をはぐくんでまいります。更には、教職員が「和と協力と責任」をモットーに、使命感と教育愛を抱き、生徒や保護者、地域の期待に応え、信頼される出水中となるよう一丸となって取り組んでまいります。

 特に今年度は、不登校生の減少・更なる学力の向上・教員の授業力向上に具体的に取り組み、必ず成果を挙げたいと考えています。

 保護者・地域の皆様、ご協力、ご支援をどうぞお願い申し上げます。



平成30年4月  出水中学校長 竹下 恒範