1962年(昭和37年) 1973年(昭和48年) 1979年(昭和54年)



1983年(昭和58年) 1988年(昭和63年)
創立40周年
1994年(平成6年)

1997年(平成9年)
創立50周年
2007年(平成19年)
創立60周年




← TOPへ戻る
2 三和中校舎の移り変わり

学校紹介

1 校区の概要
   三和中校区には、金峰火山群の一部である独鈷山、城山、御坊山が、それぞれ山頂を持つ独立した山として並び立っており、その裾野に、池上町、城山町、高橋町の三つの町が広がっています。
 三和という地名は、旧飽田郡の自治体名に由来しています。
 昭和19年、高橋町、城山村、池上村が合併して成立。城山村、池上村の旧大字を継承した9大字と高橋町の1町9大字で三和町を編成しました。
昭和28年に熊本市と合併し、池上村から、戸坂、谷尾崎、池上、上高橋の4町、城山村の旧大字を冠称した5町を加え、高橋村は高橋町となり、現在に至っています。
坪井川にかかる稲荷橋
(通称:赤橋)
独鈷山より南西を望む
(城山・高橋方面)
独鈷山より北東を望む
(池上方面)
高橋稲荷神社
 アンネのバラ  大賀ハス
   
名前は、「アンネの日記」のアンネ・フランクに由来しています。熊本市立西山中学校から厚意によりわけてもらいました。  1951年に、千葉市の遺跡から発掘された2000年以上前の木の実から発芽、開花したものです。発見者の大賀一郎博士の名にちなみ、この名がつきました。 
3 三和中にある特徴ある植物