校長あいさつ

 

全校生徒598名、教職員43名で白川中学校の平成29年度が始まりました。 

学校創立71年目を迎え、熊本市内でも最も古い歴史と伝統のある本校は、「自重敬愛」「勤勉協力」「創造奉仕」の校訓のもとに日々の教育活動をおこなっています。この3つの校訓は、本校の教育の根幹をなすものであるとともに、この先、世の中がどのように変わろうとも、人として豊かにたくまし生きていくための力としてなくてはならないものであると確信しています。

 本年度もこの3つの校訓を中心にすえながら、「人間尊重の精神を基底に置き、徳・知・体の調和のとれた教育を推進し、自ら学び考え、正しく判断し行動できる豊かな人間性と磨かれた知性を持った心身共に健康でたくましい生徒の育成」という教育目標のもとに教育活動を展開して、生徒たち一人一人に充実感を味わわせることのできる学校でありたいと願っています。

 ところで、現生徒会のスローガンは「希望×笑顔×努力=白中生 〜誇りを胸に 躍進せよ!!〜」です。「希望」は本校すべての生徒に与えられています。特に3年生は進路という壁を自ら乗り越えてください。その先には、その人にとっての希望が待ってます。「笑顔」はコミュニケーションを築き共同性を高めるのにとても大切なものです。楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔になれば何でも楽しく感じられるのです。「努力」をしたからといって必ず成果や結果が伴うかといったらそうでないことも多々あります。しかし、努力なしではチャンスすらきません。本当に大切な3つの言葉を掛け合わせた白川中学校生徒になってください。期待しています。

今年は秋に「70周年記念事業」を開催する予定であり、節目の年です。熊本地震を乗り越えたことを自信にし、先生や保護者、地域と一体となって支え合い、みんなで新たな白川中の歴史を築いていきましょう。

                     平成29年4月

                      校長 桃崎 剛寿

白川中学校ホームページトップへ