総合的な学習の時間(欅タイム)の目標

 自ら学び、考え、課題を解決する力と豊かな人間性の育成   
     〜地域学習を通して、自分の生き方を考えよう〜
総合的な学習の時間(欅タイム)で育てる力
 ○自ら学ぶ ○判断力 ○コミュニケーション能力 ○表現力
総合的な学習の時間(欅タイム)の評価
・自己評価を基本とし、学習内容によって相互評価を取り入れる。
 ○個人カルテ ○マップなどの制作 ○発表 ○レポート

趣旨
 地域や学校、生徒の実態などに応じて、横断的・
総合的な学習や生徒の興味・関心等に基づく学習等創意工夫を生かした教育活動を行う。
特色ある学校づくり
ねらい
(1)自ら課題を見付け、自ら学び、主体的に判断し、
よりよく問題を解決する資質や能力を育てる。〔自主的な生きる力の育成
(2)学び方やものの考え方を身に付け、問題の解決や探究活動に主体的、創造的に取り組む態度を育て、自己の生き方を考えることができるようにする。
生徒主体の活動
(3)各教科、道徳及び特別活動で、身に付けた知識や技能等を、相互に関連づけ、学習や生活において生かし、それらが総合的に働くようにする[知の総合化]

           平成24年度「総合的な学習の時間(欅タイム)全体計画
              


1.全体構想

学校教育目標
地域を愛し自信と誇りをもってたくましく生きる生徒の育成


























                                           













総合学習の時数

学    年
基準時数  学年別学習習慣

 (1)メイン活動
 学年別学習習慣

 (2)学年別活動
全学年共通
10時間か8時間
   
 第1学年 50時間  豊かな表現力の育成 23時間  判断力・スキルの育成 10時間+自分の将来を見通す 7時間 文化の日
職業講話 
卒業生講話
 第2学年 70時間 豊かな表現力の育成 35時間 自ら学ぶ力の育成 17時間+自分の将来を考える8時間  文化の日
職業講話 
卒業生講話     
 第3学年 70時間  豊かな表現力の育成 35時間  協調性・地域愛の育成 12時間+自分の将来につなげる 13時間 文化の日
職業講話 
卒業生講話      


2 各活動の計画

(1)本年度の活動内容
  ○「地域素材を生かした体験活動」「3年間見通した系統性のある活動」のさらなる充実
  ○文化発表会をまとめとする「前期」と進路や次年度の活動につなげる「後期」の共通理解
  ○生徒の考えや力を生かし,さらに生徒が」主体的に活動するカリキュラムの確定
(2)各学年のメイン活動
  〈1年〉・・・・「龍田中校区を調べ隊」50時間(地域調査実地活動をまとめ取り)
〜前期〜・・・・地域マップづくりおよび学年発表・全校発表
●防災マップ(火災・地震・緊急避難場所) ●環境マップ(水・ごみ・リサイクル)
●生物マップ(春夏秋冬のカレンダー形式) ●伝統マップ(武蔵塚公園・参勤交代)
●教育マップ(校区の教育機関のいろいろ) ●福祉マップ(バリアフリーの充実度)
●防犯マップ(犯罪や被害から逃れるため) ●ボランティア(過去の活動から)
〜後期〜
●職業調べ(次年度の職場体験につなぐ)   ●農園勤労体験  ●スキルアップ  など

〈2年〉・・・・「龍田中校区で働き隊」70時間(職場体験まとめ取)

〜前期〜・・・・職場(ナイス・トライ)および 学年発表・全校発表
   ●保育・教育・・・・保育園,幼稚園など
   ●販売・店舗・・・・書店,スーパー,ペットショップ,洋菓子など
   ●福祉・医療・・・・老人ホーム,病院,医院,医療センター,薬局など
   ●企業・飲食・・・・ショッピングセンター,農園,料亭,料理店など
   ●公共施設・・・・・市民センター,公民館,図書館,交通局,消防署,放送局など
〜後期〜
   ●高校調べ  ●立志式に向けての取り組み  ●地域行事(どんどや)への参加 他

 〈3年〉・・・・「龍田中校区を誇り隊」70時間
〜前期〜・・・・コース別体験学習および学年発表・全校発表
     ●まちづくり・コース     ●自然探求コース ●農業・調理コース
     ●福祉・ボランティアコース●歴史先人コース●伝統芸能コース   など
 
〜後期〜
     ●進路学習     ●地域行事への参加     ●地域への情報発信(「文化の日」)他

〔全体〕・・・・「文化の日」学習発表会 文化委員とタイアップ
   ステージの部・・・・吹奏楽部演奏,弁労大会(学年発表),英語暗唱劇,総合的な学習の時間
               学年別発表,
合唱コンクール(クラス発表・縦割り発表・職員合唱)
   教室発表の部・・・・総合的な学習の時間 学習班別発表
   展示の部・・・・・・・・総合的な学習の時間のパネル&マップ,選択教科,美術クラブ作品  他

(3)その他
  @
総合的な学習の時間コーディネートとして
    年度当初に職員研修を行い、新指導要領に示される
    「総合的な学習の時間」の考え方=探求型であること
    を周知徹底する。研修後も、各学年の担当者との連携
    を秘密に取り,方向付けを行う予定である。
  Aクロスカリキュラムの意識
    
活動の目的やねらいを明確にするとと共に、各教科で
   学んだこと=知識・技能を活用し応用する力を伸ばす
   ように、各教科との関連ずけを意識して活動する。