2月

令和5年2月28日(火)

麦ごはん 牛乳 メンチカツ 小松菜のふりかけ 玉ねぎのみそ汁

今日は熊本市の城山・飽田地区で栽培されている小松菜を使ってふりかけにしました。小松菜は1300年前の「古事記」にも記されているほど昔から日本で食べられている野菜です。ふりかけには、小松菜のほかにひじきやしらす干し、かつお節を使っており、カルシウムもしっかりとれます。成長期に欠かせない栄養もしっかりとることができ、ごはんもすすんだようです。  


令和5年2月27日(月)

ミルクパン 牛乳 ポトフ 白菜とりんごのサラダ ココアビーンズ

ポトフは、大きく切った肉や野菜を時間をかけて煮込んだ、フランスの家庭料理です。フランス語で「火にかけた鍋」という意味があります。給食室でも、角切りのお肉を1時間以上柔らかく煮て使いました。お肉と野菜のうま味がつまった栄養満点のスープでした。サラダには「サンふじ」という品種のりんごを使いました。りんごのシャキシャキした食感や甘さがとてもおいしかったです。  


令和5年2月24日(金)

麦ごはん 牛乳 鶏肉の揚げがらめ だご汁 高菜炒め

今日は、味の旅献立でした。今月の「大好き熊本再発見 味の旅」は阿蘇でした。阿蘇地区は、夏の涼しい気候を活かした高冷地野菜の栽培が盛んにおこなわれています。郷土料理の「だご汁」は、農作業が忙しい農家の人が素早く簡単に調理でき、野菜も食べられるように考えた料理です。また、阿蘇高菜の栽培も盛んです。冬の寒い間に育ち、春先に収穫し塩漬けにします。今日は高菜炒めにしました。高菜は苦手な人が多かったようですが、給食を通して郷土の良さを再発見する機会になったのではないかと思います。  


令和5年2月22日(水)

丸パン 牛乳 ハンバーグケチャップソース ボイルキャベツ クリームスープ スライスチーズ

今日は、パンにハンバーグとキャベツとチーズを挟んで食べるセルフバーガーでした。食べる前にきちんと手を洗い、自分たちで好きなように挟んで食べていました。まだ給食時間は黙食ですが、楽しく食べることも大切なことですね。楽しい給食時間となるように、これからもおいしい給食作りに努めたいと思います。  


令和5年2月21日(火)

麦ごはん 牛乳 肉豆腐 切干大根のあえ物 ふりかけ

今日のあえ物には、切干大根を使いました。切干大根は、生の大根を外に天日干しして乾燥させたもので、水分が減り、うま味も栄養も凝縮されます。シャキシャキした食感が楽しめるあえ物でした。酢の物は苦手な人も多かったようですが、色んな味を味わってほしいと思います。  


令和5年2月20日(月)

食パン 牛乳 タイピーエン 中華あえ マーシャルビーンズ

今日は、給食でも人気のタイピーエンでした。タイピーエンは熊本の郷土料理として、給食でも定番のメニューです。タイピーエンには、春雨や豚肉、かまぼこ、うずらの卵、野菜などの具材がたくさん入っており、栄養バランスも整いやすいです。今日もしっかり食べてくれていました。  


令和5年2月17日(金)

麦ごはん 牛乳 チンゲン菜と卵のピリ辛炒め カリカリ大根 ワンタンスープ

今日はひごまるデー献立で、「チンゲン菜」を使いました。チンゲン菜は、熊本市北部地区を中心に栽培されています。チンゲン菜は免疫力を高めたり、かぜ予防に効果があります。食感はシャキシャキしており、味にもくせがないため、サラダや炒め物などのどんな料理にも合います。今日は炒め物に使いました。ピリッとした味付けでごはんがすすみました。レシピはこちら。ぜひ、家庭でも旬のチンゲン菜を使って、作ってみてください。  


令和5年2月16日(木)

ごはん 牛乳 うま煮 酢みそあえ ちりめんナッツ

今日のあえ物は、野菜に酢・みそ・みりんを混ぜ合わせて作った「酢みそ」をからめました。熊本の郷土料理に「一文字ぐるぐる」があり、一文字というねぎを酢みそにつけて食べる料理です。酢みその味つけは、食べ慣れない味だったようですが、これからも給食を通して食文化を伝えていきたいと思います。  


令和5年2月15日(水)

米粉パン 牛乳 肉団子スープ ツナサラダ キャンディポテト

キャンディポテトとは、洋風の大学芋のことで、スティック状に切ったさつま芋を油で揚げて、砂糖や水あめ、バターなどで作ったタレにからめました。さつま芋は揚げることで甘みが増してとてもおいしかったです。  


令和5年2月14日(火)

麦ごはん 牛乳 食感楽しいエコん菜カレー ビーンズサラダ 手作りデコポンゼリー

今日のカレーは、わくわく楽しい給食作品展で入賞した小学生が考えたメニューでした。名前のとおり、根菜をたくさん使ったカレーでした。食感を楽しくして、皮まで使っているので、献立名に「エコ」という言葉が取り入れてありました。食品ロスにもつながる献立でした。野菜が苦手な人も、カレーに入ると食べやすかったようです。カレーはとても人気でした。                                        


令和5年2月13日(月)

丸パン 牛乳 ホキフライ(タルタルソース) ごぼうサラダ ミネストローネ

ミネストローネはイタリアの野菜スープです。トマトや季節の野菜をたくさん使った料理です。トマトには、うま味成分のグルタミン酸が多く含まれており、加熱するとうま味が増します。今日は野菜のうま味が引き立つように、野菜をしっかりいためて煮込みました。寒い季節にぴったりのスープでした。                                        


令和5年2月10日(金)

麦ごはん 牛乳 さばのみそ煮 水菜の昆布あえ かきたま汁

今日は、一汁二菜の和食献立でした。和食は、魚を中心に汁物、野菜のあえ物を組み合わせることができるため、栄養や味のバランスが整いやすいです。和食のおかずは残食も残りがちですが、給食を通して和食の良さを学ぶ機会にしてほしいです。                                        


令和5年2月9日(木)

きつね丼 牛乳 ししゃもフライ さつま芋のみそ汁

今日は油揚げをたっぷり使ったきつね丼でした。油揚げといえば、2月最初の午の日である「初午」の日に、神様のつかいであるきつねの好物の油揚げやいなりずしをお供えする習慣があります。きつね丼は、ごはんがすすむ味つけで、とてもよく食べてくれていました。                                        


令和5年2月8日(水)

食パン 牛乳 クリームスパゲティ ブロッコリーとナッツのサラダ りんごジャム

今日のサラダには、旬のブロッコリーを使いました。ブロッコリーは、熊本市中島地区で栽培されたものです。ブロッコリーは花のつぼみを食べる花野菜です。給食では、つぼみの部分だけでなく、茎の部分も皮をむいて使うことで無駄にならないように取り入れています。ツナやアーモンドが入ってとても食べやすかったようです。                                        


令和5年2月7日(火)

麦ごはん 牛乳 おでん 茎わかめの酢の物 納豆 焼きのり

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。今日の給食はおでんだったので、体が温まったようです。また今日は、熊本県漁業協同連合会から無償でいただいた焼きのりを出しました。熊本県は全国でも有名なのりの産地です。のりはうま味成分が豊富に含まれているため、昔からよく食べられている食品です。ご飯と一緒に、とてもおいしくいただきました。                                        


令和5年2月6日(月)

黒糖パン 牛乳 ナッツ入り魚とレバーのケチャップあえ 春雨スープ ネーブル

今日は、旬の果物である「ネーブル」を出しました。今日使ったネーブルは熊本市河内地区で栽培されたものです。ネーブルは英語で「へそ」という意味があり、ネーブルのくぼみがへそに似ていることから呼ばれるようになったそうです。また、味と酸味のバランスがよく、とてもおいしい柑橘類です。旬の果物を味わって食べてほしいと思います。                                        


令和5年2月3日(金)

麦ごはん 牛乳 いわしのみぞれ煮 白あえ わかめ汁 節分豆

今日は、節分です。節分とは、冬から春への季節の変わり目である「立春」の前日にあたります。暦の上では、明日から春になります。節分には、豆まきをして1年の健康を祈ります。今日の給食では節分豆をつけました。給食を通して、節分について学び機会となったようです。                                        


令和5年2月2日(木)

ごはん 牛乳 魚のほうれん草あんかけ もやしのごまあえ 呉汁

今日は、一汁二菜の和食献立でした。汁物の呉汁は日本各地に伝わる郷土料理です。呉汁とは、大豆をすりつぶした「呉」をみそ汁に入れたものです。大豆以外にも野菜が豊富に入った呉汁は、栄養価が高く体が温まり、冬場の郷土料理として昔から親しまれています。今日は、朝から大豆を煮て、ミキサーにかけて呉を手作りしました。食べ慣れない料理で苦手な人も多かったみたいですが、給食を通して郷土料理の味を伝えていきたいと思います。                                        


令和5年2月1日(水)

パインパン 牛乳 親子うどん れんこんのカレー炒め ミックスナッツ

2月に入りました。3学期に入り残食も徐々に減っており、よく食べてくれて嬉しいです。親子うどんは寒い日にぴったりのメニューでした。れんこんのカレー炒めも、カレー味でとても食べやすかったようです。まだまだ寒い日が続くので、しっかり食べて寒さに負けずに元気に過ごしてほしいと思います。                                        

 

ページトップに戻る