11月


令和4年11月30日(水)

ミルクパン 牛乳 パリパリ焼きそば りんご入りフルーツミックス

11月も最後になりました。今日は旬の果物である「りんご」を小さく切ってフルーツミックスの中に入れました。日本で栽培されている品種は、現在100種類ほどあるそうです。今日は、長野県産の「サンふじ」を使いました。甘くてとてもおいしかったです。

 


令和4年11月29日(火)

麦ごはん 牛乳 さばのソース煮 春雨の酢の物 根菜のみそ汁

 給食によく出てくるさばの旬は、秋です。さばは、昔から日本でよく食べられている魚です。今日は、ウスターソースを使って煮魚にしました。ソース煮は給食室で、1時間程かけて煮ていますので、味が染み込みご飯がとてもすすみます。今日は和食メニューでしたが、しっかり食べてくれていました。

 

 


令和4年11月28日(月)

揚げパン 牛乳 肉団子スープ 人参のごまマヨサラダ 一食アーモンド

今日は、大人気の揚げパンでした。揚げパンの日を待ちに待ってくれていた人が多く、楽しみにしてくれていたようです。給食では栄養バランスの整った献立であることはもちろんですが、楽しみに思ってもらえる献立作りも大切だと思っています。揚げパンは作業が大変で頻繁には出せないですが、これからも子ども達の心の楽しみとなる給食作りにも取り組んでいきたいと思います。

 


令和4年11月25日(金)

麦ごはん 牛乳 魚のあんかけ 白菜のみそ汁 手作りひじきふりかけ

11月24日は和食の日でした。和食は日本の伝統的な食文化です。給食でも、積極的に献立に取り入れています。和食に欠かせない「だし」は、江戸時代にはすでに料理書に書かれており、食べ続けられています。給食室でも、いりこや昆布、かつお節などからだしをとって作っています。和食の日は残食が多くなりがちですが、給食を通して和食の良さを見つめ直す機会にしていきたいと思います。

 

 


令和4年11月24日(木)

ビビンバ 牛乳 うずら卵入りもずくスープ ミニりんごゼリー

今月の給食目標は「献立と栄養に関心を持とう」です。毎日の食事を通して、良いところを見つけて味わって食べてほしいと思い、給食ポストを設置し、感想を募集しています。ただ食事をするだけでなく、五感を使って味わって食べてほしいと思います。今日も「ビビンバってどういう意味ですか」、「ごはんにのせて食べるとおいしかった」というたくさんの感想をもらい、食べ物に興味や関心を持って食べてくれていて、嬉しかったです。                


令和4年11月22日(火)

麦ごはん 牛乳 ハヤシライス パインサラダ ココアビーンズ

秋は実りの秋とも言われ、お米の収穫の時期を迎えますね。ご飯は日本の伝統的な主食です。ごはんには、炭水化物が豊富で体の中でブドウ糖となり、脳や体を元気にする働きがあります。また、どんなおかずにも合うため、昔から食べ続けられてきています。献立によってはごはんの残食が多い日もありますが、今日はハヤシライスだったためご飯もすすんだようです。秋の実りに感謝して味わって食べてほしいと思います。                


令和4年11月21日(月)

ミルクパン 牛乳 汁ビーフン 大学芋

 今日は旬のさつまいもを使って「大学芋」にしました。さつまいもは、熊本市戸島地区で作られたものを使いました。さつまいもには、病気にかかりにくい強い体を作ってくれるビタミンCが豊富です。一口大に切って油で揚げるので、とても大変でしたが、おいしかったとの声が多く嬉しかったです。                


令和4年11月18日(金)

麦ごはん 牛乳 豚肉のケチャップ炒め れんこんの唐揚げ 春雨汁

 今日はひごまるデー献立で、「れんこん」を使いました。れんこんは、熊本市飽田地区を中心に作られています。9月から翌年の3月まで収穫されます。今日はれんこんをから揚げにしました。子ども達にも大人気で、また食べたいとの声が多かったです。おたよりでも、レシピを紹介していますので、ぜひ家庭でも作ってみてください。                


令和4年11月17日(木)

ごはん 牛乳 みそおでん 白菜の甘酢 味付けのり

寒くなり、おでんがおいしい季節になりました。おでんは日本料理のうち、煮物料理の一つです。おでんの始まりは室町時代で、豆腐を焼いてみそをぬって食べる「田楽」がおでんの由来です。具や味つけはその土地や家庭によって違います。給食室でもいろんな材料を三角に切ったり、時間をかけて煮込みました。しっかり食べて、寒さに負けない体を作ってほしいと思います。                


令和4年11月16日(水)

食パン 牛乳 きのこスパゲティ りっちゃんサラダ りんごジャム

今日は、秋に旬のきのこをつかって「きのこスパゲティ」にしました。きのこは歯ごたえがよく、食物センイが豊富で免疫力を高める働きがあります。苦手な人も多いようですが、秋の味覚を味わって食べていました。また、秋といえば「読書の秋」とも言われます。今日は、1年生の国語の教科書に出てくる「りっちゃんサラダ」を給食で再現してみました。1年生のみなさんはもちろん、学習した学びを振り返りながら食べていました。                                      


令和4年11月15日(火)

麦ごはん 牛乳 魚の香味ソース 大根サラダ スーミータン

大根は、秋から冬にかけて旬の野菜です。大根は部位によって味が違うため、使い分けて食べると美味しく食べることができます。サラダや煮物、汁物など色んな料理に合います。今日は、丸々1本使ってサラダにしましたが、料理によって使い分けてみるといいですね。野菜が苦手な人も多いですが、旬の良さを感じて味わって食べてほしいと思います。                                      


令和4年11月14日(月)

米粉パン 牛乳 ポトフ れんこんサラダ いりこ大豆

今日の給食は、かみ応えのある食材を使った「かみかみメニュー」でした。よくかんで食べると食べ物の消化を助けてくれたり、虫歯予防など体に良い働きがたくさんあります。日頃の食事から、かみ応えのある食材を取り入れて、かむことを意識して食べるといいですね。                                      


令和4年11月11日(金)

麦ごはん 牛乳 マーボー豆腐 茎わかめのサラダ みかん

今日は、旬の果物である「みかん」を出しました。3年生は昨日の見学旅行でもみかん狩りをしてきました。給食で使うみかんは、芳野・植木・河内地区で栽培されているみかんです。今日は、河内みかんでした。海風と段々畑で太陽の光をたくさん浴びて育つため、甘くてほど良い酸味が特徴です。今日のみかんも甘くておいしかったです。                                      


令和4年11月10日(木)

ごはん 牛乳 いわしの生姜煮 菜焼き みそけんちん汁

今日は、「一汁二菜」の和食献立でした。主食・主菜・副菜がそろいやすく栄養バランスがとれやすいです。菜焼きとは、季節の野菜と油揚げなどを炒めて味付けした料理で、日本で昔から食べられてきたものです。今日のメニューは苦戦している人が多く、残食もいつも以上にありました。これからも、給食を通して和食の良さを知る機会にしていきたいと思います。                                      


令和4年11月8日(火)

麦ごはん 牛乳 備蓄ツナカレー 切干大根のナムル もも缶

今日は、防災給食を実施しました。避難訓練の予定に合わせて、防災給食を計画していましたが避難訓練は中止となりました。しかし、日頃から災害について考え、備えておくことが大切です。今回の防災給食では、備蓄可能な食品と常に家庭にある野菜を使って作れるメニューを考えました。食育タイムでも、災害時の備蓄食品について学びました。この機会に、家庭でも災害時の備えについて考える機会にしてほしいと思います。                                      


令和4年11月7日(月)

コッペパン 牛乳 チリコンカン 野菜スープ ヨーグルト

すっかり寒くなり、日増しに秋を感じる季節になってきました。今月は「心かがやけ月間」となっています。心かがやけ月間では、命を大切にする心や規範意識を育むことを目的とされています。給食でも、給食ができるまでの様子等の紹介を通して、感謝の心や食べ物を大切にする機会となるように取り組んでいるところです。多くの人の支えに感謝して、しっかり食べてくれると嬉しいです。                                      


令和4年11月4日(金)

麦ごはん 牛乳 鶏ごぼううどん 厚焼き卵 高菜炒め

今月の給食では、「和食の良さについて知ろう」をテーマに献立を考えています。和食料理として馴染みのある厚焼き卵は、日本独自の調理法で作られます。また、うどんも和食料理の一つです。うどんには鶏肉とごぼうを甘辛く煮て、仕上げました。今日もしっかり食べてくれていました。                                      


令和4年11月2日(水)

丸パン 牛乳 鮭フライ ボイルキャベツ コーンシチュー

鮭は10~12月に旬を迎える魚です。今日は、旬の鮭をフライにして出しました。鮭はピンク色の身をしていますが、白身魚です。身が赤いえびやオキアミをえさとして食べることで、成長するにつれてアスタキサンチンという色素が蓄積されてピンク色になるそうです。今日は、野菜と一緒にパンに挟んでバーガーにして食べている人が多かったです。旬の食べ物を味わって食べてくれていました。                                      


令和4年11月1日(火)

びりん飯 牛乳 れんこんのみそ炒め 白玉汁                                      

今日は、味の旅献立でした。今月の「大好き熊本再発見 味の旅」は宇城地区でした。宇城地区の特産品である「れんこん」や「白玉粉」、郷土料理の「びりん飯」を出しました。びりん飯とは、豆腐を炒める時の音が「びりん、びりん・・」と聞こえることからこの名前が付いたと言われています。給食室でも、豆腐を炒め、具を作りました。給食と通して、熊本の良さを再発見する機会になればいいなと思います。

ページトップに戻る