手作りマスクで健康維持~西里おやじおかんの会様より入学祝届く~

新型コロナウィルス感染症の影響で臨時休業が続く学校ですが13日(月)は1年生の登校日でした。

感染症蔓延防止にむけた取組の一環として「3密」を避けるため、入学式は実施せず、

1年生とその保護者に向けた説明会を実施しました。

入学式ではありませんでしたがPTAの「西里おやじおかんの会」様より、

お祝いとして手作りマスクをいただきました。

心のこもったお祝い。ほんとうにありがとうございます。

マスクの作り方は以下のとおりです。

①材料準備

表布地+さらし(これはフィルターがわりなのでなければ不要)+ガーゼ布

+ゴムを通す部分の布+ゴム

②上記3枚の布を重ねて上下を縫う。

③中央から2つ折りにして外部分の真ん中1ミリほどを縫う。

④さらに上下の半分の外側1ミリほどを縫う。

マスクのプリーツ部分には針金の芯(3センチほど)を入れてあります。無ければ省いてもOKです。

⑤ゴム通しの布を表1センチほどのところにかぶせて縫います。

⑥ゴム通して裏側も縫います。

西里おやじおかんの会様からのメッセージです。

「できることから!感染予防やってみましょう。一人の力は微力でもみんなでやれば大きな力になります。自分を守り、大切な人を守りましょう!コロナが終息し、1日も早く普通の学校生活が送れますことを願ってます。」

ページトップに戻る